スタッフブログ

関八州見晴台

こんにちは。スタッフの大島です。
 
先日、関八州見晴台に登りました。
西武線沿線 吾野駅から往復3時間ほどのところです。
高さは、770メートルと大した高さではないですが、登りのキツサは
大変なものです。関八州とは、文字通り江戸時代の関東八か国のこと
で、相模、武蔵、上野、下野、安房、上総、下総、常陸を指します。
お天気は、素晴らしい晴天で真っ白な富士山まで見えました。
一番インパクトがあったのは、武甲山です。(秩父の駅を降りると
すぐ目の前に大きくそびえる山ですが。)  武甲山は頂上が鋭角で
裾野がなだらかです。マッターホルンと富士山をたして割ったような
山だと、私は思ってます。
 
 私は、山登りが特に 好き! という訳ではありませんが
大変な運動をしたという達成感があって満足してます。次の日とかに
筋肉痛はありますが、三日後ぐらいまで、運動し大汗をかいた後の
気持ち良さがあります。朝早く西武鉄道に乗り 2時ぐらいには所沢
の我が家に戻りお昼寝ができます。月に一度ぐらいは山登り
続けていきたいです。

当事務所Twitterはこちら

https://twitter.com/kitajima_kaikei

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
0800-888-1691
受付時間:平日9時〜18時

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る